スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんまかいな~!怖いような嬉しいような(笑)

イーグルヒットさん情報より・・・




想定外の事態が生じようとしている。

それは、単なる金融危機やテロ、戦争、疫病などの類でない。

地震や噴火、洪水、異常気象でもない。

いや、はっきり申し上げて、私自身、どのような事態に発展するのか、想像を絶する。

少なくとも言えることは、近来の異常気象の遠因であること、

そして、地球上のあらゆる電気系統、電子機器が異常に見舞われるということだ。



これは太陽活動の異常増進により巨大な太陽フレアが発生し、地球上に高エネルギー荷電粒子、電磁波、コロナ粒子などを含んだ太陽風が地球に吹き付けるためらしい。

通常は、オーロラ現象を引き起こしたり、磁気嵐による電波障害を引き起こす程度であるが、今回はその比ではないらしい。地球を太陽風から守る電磁層が破壊され、もろに地球上に降り注ぐという。

すでにNASAがこの異常な巨大フレアが断続的に続いていることを察知しているという情報もある。



いずれにしても、この"異常事態"によって、あらゆる電気を使ったもの、電子機器は障害を受け、銀行間の電子取引やで金融システム全体がストップする恐れが ある。

場合によっては、銀行のデーターベースが消滅することも考えられる。

つまり、私たちの金融機関に預けている資産が消滅するということである!



事態はそれだけでは済まないだろう。

電気の使えなくなった世界、社会はどうなるのか?

あらゆる経済活動が停滞し、金融危機以上の深刻な事態を招くだろう。

生産、物流、ライフライン、あらゆる生活の基盤に支障を来たすことになる。

金融が機能しない以上、決済もできない。お金が使えなくなるのだ。



この未曾有の混乱の中で生活をし、生き延びていくには、現物しかない。

その意味でも、「食糧」は極めて重大な意味を帯びてくる。

お金が使えなくとも、「食糧」さえあれば、命をつなぎ、生き永らえていける。

無論、そのような事態になってから食糧を入手しようとしても困難であることは明白である。



今からでも準備をしておく必要があるだろう。

なお、この大惨事は数ヶ月以内に起きると言われている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。